用語解説

「カスリコ」とは?
賭場(盆)で客の世話や使い走りをして、わずかなご祝儀をもらう下仕事。高知の賭場で呼称された隠語。
「手本引き」とは?
1~6の数字のうち、親が選んだ1枚の札を複数の子が推理して当てるゲーム。親の性格やクセを読む心理戦の性質もあり、日本における「究極の賭博」とも言われる。
  • カスリテラ銭ともいう、胴が勝った場合に、賭場に収める金
    カミシタ親札を入れる布
    受かった賭けた札が当たった
    抜けた、ブチった賭けた札がハズれた
    タマ
    目札胴が選んだ札の履歴
    親札胴=親が使う札
    張り札子=張り子が使う札
    初綱(しょな)胴が最初に選ぶ札
    カッパ胴の総取り
    胴が立つ賭場が開かれる
    飛ばした胴の資金が全てなくなる
  • 中目の三間(なかもくのさんげん)右から三番目の札
    木札の左端
    木札の右端
    キズ張り方の癖
    まく賭ける札を並べる
    テレコ札を散らして張ること
    安張り4点賭け、当たっても配当は少ない
    (つの)配当・二分負け
    止まり配当・二分勝ち
    (なか)配当・六分勝ち
    (だい)配当・十二分勝ち
    乗る胴の資金の何割かを負担すること。最終的に胴が勝った場合はその割合いに応じて配当があり、負けた場合はその割合で負けた分を負担する。
    胴を洗う 胴を辞める
※まめ知識
「ボンクラ」とは賭場から来た言葉である。合力が配当金を計算して、手際よくお金をやり取りする必要があり、この計算が早いことを「盆に明るい」と良い。その反対に、計算に長けていない場合は「ボンに暗い」略して「ボンクラ」となったと言われている。